名前 蝦夷上溝桜(エゾノウワミズザクラ) 別名
学名 Prunus podus Linn.(Padus racemosa C.K.Schneid.) 草木種 落葉高木
科属 バラ科サクラ属 高さ 10~15m
分布 北海道、サハリン、朝鮮
生育地 平地~山地のやや湿った所
花色 白色 開花期 5~6月
実色  黒熟 結実期 7~8月
特徴 葉は倒卵形で長さ6~9cm、先は急にとがり、基部は円形~浅心形、細鋸歯縁、腺点は葉柄上部、互生。花は径約1.5cmの白色で、総状花序に多数つく、花弁5、5~6月開花、雄しべは花弁より短い。果実は球形で径8~10mm、7~8月に暗紅色から黒色になり熟する。冬芽は長卵形で長さ7~12mm。
近似種
コメント