名前 蝦夷立金花(エゾノリュウキンカ) 別名 ヤチブキ
学名 Caltha palustris var.barthei Hance 草木種 多年草
科属 キンポウゲ科リュウキンカ属 高さ 50~80cm
分布 北海道、本州北部、千島、サハリン
生育地 山地の渓流のそば、湿地
花色 黄色 開花期 4~5月
実色   結実期
特徴 根生葉は長い葉柄があり、腎臓形で、径10~30cm、基部は深くへこみ、ふちに三角状で細かい規則的な鋸歯がある。茎は直立し、上部に少数の茎葉をつけ、分枝して、高さ50~80cmぐらいになる。花は4~5月に咲き、花茎の先に径3~4cmの花を4~8個つける。花弁のように見えるのはがく片で、黄金色をしており、ふつう5枚、まれに6~7枚ある。花柄は、果時に長さ6~12cmほどになる。果実(袋果)は長さ10mmほど。
近似種
コメント