名前 蝦夷小林檎(エゾノコリンゴ) 別名
学名 Malus baccata var.mandshurica C.K.Schn. 草木種 落葉小高木
科属 バラ科リンゴ属 高さ 10m
分布 北海道、本州中部以北、南千島、
生育地 海岸から山地まで
花色 白色 開花期 5~6月
実色  濃紅色 結実期 10月
特徴 普通幹は多くの枝に分かれ、やや円い形の灌木状になることが多い。樹皮は灰褐色で古くなると不規則に裂けざらつき、鱗片状にはげ落ちる。葉は長楕円形で長さ4~10cm、幅3~5cm先はとがり、鋸歯縁、花は短い枝先に4~6個散形状につき、白色で径2.5~3.5cm、花弁5枚、5~6月開花。果実は球形で径10mm、9~10月濃紅色に熟す。冬芽は卵形で先はとがり長さ2~5mm、互生。葉や果実が小さく(径6mm前後)、葉が3片に中裂し、花柱が3~4あるものをズミという。
近似種
コメント