名前 蝦夷野紺菊(エゾノコンギク) 別名
学名 Aster microcephalus var.yezoensis 草木種 多年草
科属 キク科シオン属 高さ 0.1~1m
分布 北海道
生育地 低地~山地の草地
花色 淡青紫色 開花期 8~10月
実色   結実期
特徴 茎は上部でよく分枝し、葉とともに短剛毛が密生してざらつく。葉は長さ4~10cmの長楕円形で下部で少しくびれ、縁に粗い鋸歯がある。頭花は径2~2.5cm、筒状花の周りを20個以下の舌状花が囲む。総苞は半球形で総苞片は3列。
近似種 ユウゼンギク、ネバリノギク、
コメント