名前 蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ) 別名
学名 Dianthus superbus var.superbus 草木種 多年草
科属 ナデシコ科ナデシコ属 高さ 30~50cm
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 海岸~高山の岩場や草地
花色 淡紅色 開花期 6~9月
実色   結実期
特徴 無毛で全体に白みをおび、株立ちとなって茎は上部で分枝する。葉は対生し、長さ5~6cmの線形~披針形。花は径5cmほどで5枚の花弁の先は細く深裂し、中心部に褐色の毛がある。がく筒は長さ2.5cm前後で2対の苞がある。
近似種 高山に生え、がく筒が短く花色が濃い型は変種タカネナデシコとされるが中間の個体も見られる。
コメント