名前 蝦夷板屋(エゾイタヤ) 別名 イタヤカエデ
学名 Acer mono Maxim.(Acer pictim Thunb.ex Murray) 草木種 落葉高木
科属 カエデ科カエデ属 高さ 20m
分布 日本、サハリン、朝鮮、中国
生育地 平地から山地まで
花色 緑黄色 開花期 5月
実色 結実期 9~10月
特徴 壮大な樹冠をつくる。樹皮は帯褐灰色で古い幹では縦に浅い割れ目ができる。新しい幹・枝は滑らか。葉は径5~15cmの偏五角形、5~7に中~浅裂、葉の裂け方、毛の有無などの変異が多い。花は径6mmで緑黄色、雄花と両性花が交って散房状の花序をつくる。5月開花。果実は翼果で分果の長さ3cm、9~10月に成熟.。冬芽は頂芽1個、卵形~広卵形で長さ4~8mm、側芽は対生する。
近似種
コメント