名前 蝦夷刺草(エゾイラクサ) 別名
学名 Urtica platyphylla Wedd. 草木種 多年草
科属 イラクサ科イラクサ属 高さ 50cm~2m
分布 北海道、本州中部以北、千島、サハリン
生育地 山地の林のふちなど、やや湿った場所
花色 緑色 開花期 6~8月
実色   結実期
特徴 茎の高さは50cm~2mで、茎や葉に刺毛があり、刺されると痛い。葉は対生し、狭卵形~卵状長楕円形で、長さ8~16cm。幅4~8cm。先はとがり、基部はやや心形~円形。ふちには単鋸歯がある。両面に毛が散生し、葉柄は葉身より短い。托葉は相対する托葉と合着し、各節に2個の托葉がある。托葉の長さは12~16mm。花は7~8月に開花。多くは雌雄異株であるが、同株もある。花は小さく、葉の腋から出る花序に多数集まってつく。
近似種
コメント