名前 蝦夷胡麻菜(エゾゴマナ) 別名
学名 Aster glehnii Fr.Schm. 草木種 多年草
科属 キク科シオン属 高さ 1.5m
分布 北海道、南千島、サハリン
生育地 原野、川岸、山地の草原、林のふち、林道のふちなど
花色 白色 開花期 8~9月
実色   結実期
特徴 茎の高さが1~1.5mになる。葉は長楕円形で両端はとがり、長さ13~19cm、幅4~6cmで、短い柄があり、互生する。葉の縁には浅い鋸歯があり、葉の両面に短い毛が、裏面には腺点がある。花は8~9月に咲き、茎の先の大きな散房状の花序に、小さな頭花を多数つける。頭花は径1.5cmほどで、周囲に1列の白い舌状花と中に黄色い筒状花がある。筒状花の花冠の長さは6mmほど。果実(そう果)は長さ2.5mmほどで、長さ4.5mmほどの冠毛がある。
近似種
コメント