名前 猿猴草(エンコウソウ) 別名
学名 Caltha palustris var. enkoso 草木種 多年草
科属 キンポウゲ科リュウキンカ属 高さ 30~50cm
分布 北海道、本州
生育地 低地の水辺
花色 黄色 開花期 5~7月
実色   結実期
特徴 リュウキンカは茎が立つが、このエンコウソウは花茎が地面を這いながら長く伸び、節から発芽する。その為、猿が手を伸ばす様との事でこの名が付いた。葉は無毛、長さ幅とも5~10㎝の円心形~腎円形、基部は心形、目立たない低い鈍鋸歯縁。長い葉柄があり、基部に鞘がある。花の径は2~3cm、花数は1~3個と少ない。花弁に見えるのはがく片で普通5枚、時に6~7個、雄しべ多数。雌しべ10個前後。袋果は長さ約1㎝、放射状につく。
茎を伸ばして花を咲かせる形を手の長い猿にみたてて。
近似種
コメント リュウキンカの変種、全体が小形で軟弱