名前 金雀枝(エニシダ) 別名 エニスダ
学名 Cytisus scoparius 草木種 落葉低木
科属 マメ科エニシダ属 高さ 高さ2~3m
分布 ヨーロッパ西部原産
生育地 道端や空地、道路法面に土砂止めとして植えられている。
花色 黄色 開花期 5~6月
実色  豆果で黒褐色に熟す 結実期 9~10月
特徴 ホウキ状に枝分かれして、枝の先は垂れ下がる。枝は緑色で5稜があり、刺はない。葉は枝先につく単葉と、3出複葉の2型。小葉は長楕円形で長さ1cm前後、全縁。花枝は側小葉が退化して頂小葉だけになる。花は蝶形で長さ1.5~2cm。豆果は平たく長さ3cm前後。
近似種
コメント