名前 蝦殻苺(エビガライチゴ) 別名 ウラジロイチゴ
学名 Rubus phoenicolasius 草木種 落葉低木
科属 バラ科キイチゴ属 高さ 1.5m
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 野山の林縁や明るい所
花色 白色 開花期 6~7月
実色  赤熟 結実期 8月
特徴 茎や葉柄、花軸、がく片に紫褐色の線毛が密生し、茎と葉柄には刺がまばらに生える。葉は3出複葉で裏面は白綿毛が密生して白く、縁には重鋸歯がある。頂小葉が特に大きく、切れ込みがある。花序には10個ほどの花がつき、花弁は5枚で長さ4~5mm。白に近い淡紅色で平開しない。果実は径2cm近い集合果で、赤く熟して食べられる。冬芽は卵形で先はとがり、長さ3~6mm、互生する。
近似種
コメント