名前 朝霧草(アサギリソウ) 別名
学名 Artemisia sehmidtana 草木種 多年草
科属 キク科ヨモギ属 高さ 15~35cm
分布 本州中部地方以北~北海道
生育地 山地、高山の岩場
花色 黄色 開花期 8~9月
実色   結実期
特徴 葉は羽状で細かく分裂し、株全体に銀白色の毛が密生する。秋に頭花をつけるが観賞価値はあまりなく、美しい葉が観賞の対象となる。本来は高山や北地の海岸などに生育する草花だが、観賞用に栽培されて広がった。暖地では、花をつけないことが多い。
近似種
コメント