名前 アラハダヒッコリー 別名
学名 Carya ovata (Mill.) K. Koch 草木種 落葉高木
科属 クルミ科ペカン属 高さ 20m
分布 アメリカ、カナダ
生育地
花色 開花期 6月
実色   結実期 10月
特徴 樹皮の色は明灰色、老木になると樹皮が剥離状態となり、若枝は細く軟毛が見られるが、成長すると消える。5枚の小葉でなる、羽状複葉、小葉は広楕円形で、鋸歯があり、鋭頭。秋には紅葉する。花は花弁を持たない、雌雄異花である、雄花は尾状花序を構成し、枝先の葉腋から下垂する、雌花はとても小さく、枝先に2~5個つく。核果は、径5~6cmの偏球形で中の核は食べられる。
近似種
コメント