名前 曙繻子蘭(アケボノシュスラン) 別名
学名 Goodyera foliosa var.laevis 草木種 多年草
科属 ラン科シュスラン属 高さ 5~10cm
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 山地の樹林下
花色 淡紅色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 茎は地表を這って先端部が立ち上がる。葉はやや密に互生し、葉身はやや厚く光沢があって長さ2~4cm、幅1~2cmの楕円形~卵形。葉脈が白い縦筋となって目立つ。花は上部に数個つき、長さ8~10mm。がく片は狭卵形で長さ8mmほどで花弁もほぼ同長、唇弁は基部が少し膨らむ。
近似種
コメント 名は葉の様子が織物の繻子に似るから